AC・発達性トラウマに悩む女性のための
カウンセリングサロン レモ

生きづらさの根底にあるもの

発達性トラウマ・あなたを苦しめているもの

本当はもっと楽に生きたいと思っているのに

・人に気を使い過ぎて疲れる
・自分の意見が言えない
・人に振り回される
・失敗するのが怖い
・生きづらさを感じる
・自分に自信がもてない
・些細なことでも気になる
・パニックになりやすい


あなたは、誰にも相談できずこのような悩みをずっと抱えていませんか?
カウンセリングやセラピーで
相手や自分を責めることなく、楽になっていく方法があります。

心が苦しく生きづらいのは、あなたのせいではありません。
それは苦しみの根底にある本当の理由を、探し出せていないだけなのです。
ひとりで悩みを抱えずセラピストにお話しください。
レモでは、カウンセリングとセラピーを使って
本来の自分を取り戻すお手伝いをさせて頂いています。

こんにちは。
心理セラピストの神田よしこです。

私は今まで多くの方々の心の悩みに関する相談にのってきました。
「職場を変えてもいつも嫌な人に当たります」という方や
「人にどう思われるか、嫌われないかいつも気になります」
「信頼する友達がひとりもいません」
「いつも不安でいっぱいです」など様々なお悩みを聞いてきました。
こういった悩みは誰にでもあります。

しかし、いつも同じパターンで悩むことが多い方には共通していることがありました。
それは、小さい頃の愛着がとても不安定だったということです。
親との別離があった訳でもないし、虐待があった訳でもないので幼少期は何も問題がないとおっしゃる方々の中にも、親が育児ノイローゼになっていたことや、赤ちゃんの時に抱っこしてもらえなかった、母親が不安感を抱えていたなどの問題がありました。
愛着とは生まれてからすぐに親子の間で、作り上げていく安心や信頼の絆です。
まだその頃は、赤ちゃんの左脳が未発達なので記憶として残っていません。
親が優しく笑いかけてくれたり抱きしめてくれた時の安心の感覚や、すぐに不快な感覚を取り除いて心地良くしてくれたり、愛情に満ちた世話を体験することで、安定した愛着が育まれていきます。
安定した愛着をもっている子供は、人を信頼したり、人間関係に喜びを感じたりすることができるようになります。
反対に愛着が不安定だった場合の子供は、理由もなく不安になったり、人の目を過剰に気にしたり、人を信用できなかったり、安心する居場所がないなどの悩みが出やすくなります。
私がカウンセリングとセラピーで行うのは・・・・



心の苦しみはセラピーで回復できます

トラウマケア



身体が安心してはじめて苦しみの支配から解放される

悩んでいる自分が、どんな思いに苦しんでいるのかを客観的に見ることはとても難しいことです。
セラピストに別の視点からの質問を投げかけられることにより、自分の思考や抑えていた感情に気付くことが可能になります。
この気づきと同時に、身体の体験のしなおしが必要になります。
子供が怖い思いをした時に「大丈夫だよ」と言ってもらうより、ぎゅっと抱きしめてもらい人のぬくもりや愛情を感じる方が心底安心するのです。
この身体が安心していく過程を体験し、人とのつながりや、安心感を得ることがセラピーを通して可能になります。


思考がたどり着けない領域へアプローチ

悩みの原因を頭で探し出せたとしても、つらさが変化しないのは、悩みの元が潜在意識に存在しているからなのです。
潜在意識とは、自分では気が付けない領域をさしています。
セラピーを使うことでその領域にアクセスが可能となり、本当の原因にアプローチすることができるのです。
セラピーで感情を解放し、もう一度感情を学習しなおし心や身体、神経系を整えていきます。
無意識の中にあった記憶がきちんと処理され、記憶の再構築が可能になります。

セッションの流れ

①カウンセリングでお悩みをしっかりお聞きします

②必要なセラピーを行います(潜在意識に働きかけます)
 自律神経を整えるセラピー
 守ってくれた自分との対話と癒しのセラピー
 インナーチャイルドセラピー

③深呼吸をして目を開けて今ここに戻ってきます

④セッションの振り返りまたは心と身体の状態の説明



トラウマ・つらくないセラピー

トラウマのセラピーでは、トラウマ体験に直接取り組まないようにします
過去に何があったのかを明らかにする必要はありません。つまり心の傷の原因がわからなくても良いのです
出来る限り同じ体験・反応をしないよう気を付けながら、身体的な苦痛を取り除き自分の中にある安全なスペースを確実に作り、そこで安心することを身体で覚えていくようにします。深呼吸や身体のリラックス感を習得するためのボディワークを行います。
自律神経系の調整を取り入れ、安心感をベースにしたセラピーで、クライアントさんがセッション中もセッション後もつらくないよう心掛けています。
また、セラピーに対する不安感をお持ちの方には、その不安を和らげるセラピーを最初に行うことも可能ですので気軽にご相談ください。



回復の道のりは人それぞれ

セッションの中でその方にとって必要なものをご提供したり、アプローチを変えています。
セラピストが答えを見つけるのではなく、ご自身で悩みに気付けることや、ストレスに対処できる力をつけて頂くことが大切だと思っています。
自分への愛や思いやりの時間がもてるような場所をご用意しています。

回復に向けての具体的なセラピー

1 自律神経系を整える(自己調整)

2 安心スペースを自分の中につくる

3 パーツに対しての理解や共感

4 インナーチャイルドの癒し



このようなことで悩んでいませんか?

  • つい人と比べてしまう
  • 人から嫌われないか不安になる
  • 人間関係で強いストレスを感じる
  • 親との関係がうまくいっていない
  • 自己肯定感がない
  • 急に不安な気持ちになる
  • 正しさに強いこだわりをもつ
  • 感情の波が大きい
  • 家庭・職場で必要以上に気を使い疲れる
  • 人前で話をするのが怖い
  • 自分の意見を否定されると落ち込み引きずる
  • 仕事で緊張してしまいミスをする

お客さまの感想

夫婦関係が改善されました

夫婦関係が悪くなり、離婚を考えるほど悩んでいました。以前の私は、自分だけこんなに大変な目にあっていると夫を責めてばかりで、不満と怒りで心がいっぱいでした…

50代 女性

電車に乗れるようになりました

ある日、職場で突然、息が出来なくなり人のいる前で、倒れてしまいました。そのパニック発作以来、電車に乗れなくなりました。薬に頼らず、自分でなんとかしたいと思い…

30代 女性

徐々に比較しなくなってきました

いつも人と比較するくせがあり、そのたびに落ち込み嫉妬して苦しんでいました。結婚すると友人の家庭が気になり、子供が生まれてもよその子供のことが気になっていました…

40代 女性

はじめての方へ

よくある質問

Blog